FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
カニバリズム?
先週のブログの中で、公園で日焼けしようと思って、
近所の大きな公園で上半身裸で寝ていたら、ヒリヒリ痛くなったと書きましたが、
その後焼けたところは、皮が剥けました。

結局、今年も色白貧弱M男です。

たった2時間の日焼けでこのざまです。
海に一日いたら、全身脱皮するのでしょうか?


そういえば、昔から「爪の垢でも煎じて飲め」というように、
偉人の体の一部や、排泄物を体内に取り込むことで、
少しでも力を得ようという考えってありますね。

捕まった某宗教団体は、尊師様の風呂の残り湯で
食事を作っていたらしいし、
別の巨大宗教では、パンとワインはキリストの肉と血を
意味するとかしないとか。


私の愛してやまないSM界でも、女王様の聖水、黄金を体内に取り込むという
高度な修行を要する儀式が、かねてより行われています。

これには、汚いものを嫌がる人に無理やり食べさせるという、
サディストの戯れ的な意味合いもあります。

個人的には後者の方が好きですね。
前者はちょっと宗教すぎます。

嬉々としてうんこを頬張るよりも、涙を流しながら、
無理やり食べさせられる方が、健全な気がします。
思考が歪んでますか?


聖水、黄金と来れば、次は日焼けでめくれた皮ですね。
こちらはまさに肉そのものの一部ですから。
黄金は口から入ったものが、体内を通過しただけですが、
こちらは腸から吸収されたたんぱく質が皮膚になっていますから、
聖なるパワーは絶大です。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

[2010/07/26 17:04] | つぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。