FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ちょいM的女王様養成講座 言葉責め編
今日からあなたもちょいS女王様!!  

正しいちょいM男の虐め方講座


パチパチパチ!!(拍手)

今日から始まりました、ちょいM的女王様養成講座

ここでは、私、レッドがちょいM男の目線から見た、オナクラ的女王様になるための、
基本的な事を書いていきたいと思います。

あくまでも、風俗でのプロの職業女王様を前提にしていますので、
プライベートでのプレイでは参考にならない場合も多いと思ってください。


まず、世の人間はマゾ、サド、ノーマルの3種類ではありません。
サドとマゾの両方を併せ持つ人がいます。
統計をとったわけではありませんが、個人的想像では、Mと名乗る人の
99%はこちらだと思います。
私もちょいMと名乗ってますが、両方の性癖を持ち合わせています。
自分よりもM性の強い女性を見れば、Sの魂がムクムクと湧き上がってきます。

つまり、大部分の人は「SMが好きな人」という、カテゴリーに
含まれると言うことです。


M男が100人いれば、理想とする女王様も100通り。
となれば、責め方も100通りとなります。

私が今からここに書くことが絶対ではありません。
人と人の関係にマニュアルはありません。

この世でいちばん難しいのは人間関係と言います。
これを解決する方法が見つかれば、戦争も無くなるかもしれません。

ですから、あなた(女王様)がM男とのプレイがうまくいかなくても、
それほど悩むことはありません。

そこは風俗という特殊な環境です。
お金を払ってわざわざ虐められに来る、客のM男とのプレイ。
「お客様は神さまです」な考えでは、客のM男の方が、女王様よりも立場は上ですが、
このSM風俗という特殊な状況下では、一概にそうとも言えません。

あなたは、「M男の理想的なサディストな女」を演じる
女優という職業ですから、監督の求めに応じて演技を
してあげてください。



ここでは、いくつかの項目に分けて、オナクラ的なM男調教の方法を説明していきましょう。


①言ってはいけない言葉責め

縛りや、ムチなどを求められることがあまり無いオナクラや
M性感などのSMプレイで、基本となるのが「言葉責め」でしょう。

言葉責めは、Mのイヤがる言葉を発するのが目的ではありません。
そのマゾという恥ずかしい性癖を、嘲笑することで
相手の被虐心を煽ることが目的です。


身体的な欠点や特徴は避ける

ハゲ、デブ、毛深い、チビ、臭い、ブサイク、(チンポが)小さい
などの言葉責めは、ほぼNGです。

身体的特徴や欠点は、マゾだからではなく、
遺伝的な要素が強いので、被虐心を煽ることには
繋がりません。
ましてや、事故の傷跡や先天性の障害などは論外です。

相当な事をしない限り、本人の努力で解決しそうにない欠点は、
触れないようにします。


世間一般のイメージとして、M男であることは
恥ずべきことだとイメージされています。
自分がM男である事を、家族、友人、学校、職場の間で
カミングアウトする人は、ほとんどいないでしょう。

でも実は、職場のドSなOLたちに弱みを握られて、
それをネタに恥ずかしいことをさせられる、
なんて妄想はM男の頭の中では、日々めぐっています。

ですから、普段隠しているマゾ性を風俗で曝け出すことで、
抑圧されたマゾ性を解放させてやるための、
アシストとしての言葉責めですから、
客からリクエストされない限り、身体的特徴、欠点は
絶対に言ってはいけません。


性格的な欠点も避けたほうがいいです。

暗い、友達がいなさそう、彼女出来た事無いだろ
みたいな事は、避けるべきです。
風俗という環境は、基本的にそういう人たちが
行く場合が多いので、心を傷つけてしまいます。


これを読まれていると、そんな事言う奴いるのか?
と思われると思いますが、10人にひとりぐらいの
確立でいます。
そういう人はSを自称している人に多いですね。


嘘も方便

どう見ても40歳ぐらいに見える30歳に
わざわざ「老けてる」という言葉責めは、
言われたM男も「わ~!ギャルに老けてると思われてるぜ~」
という興奮は、まずしません。
そういうマニアは聞いた事ないです。


出来るだけ思ったことと逆のことを言いましょう。

あきらかに彼女が出来なさそうなM男であれば、
「お前こんなにマゾだったら、彼女出来た事ないだろ?」

これでは身も蓋も無いです。

「お前こんなにマゾだったら、彼女とどういうSEXしてるんだ?」

これだったらそのM男のことを、「彼女がいる男」という前提で
会話してます。
彼女が出来なさそうな男に対して、こういう前提で会話するだけでも
男というのは嬉しいものです。

M男を苛めるのではなく、嬉しくさせるの?
と疑問に思われるかも知れませんが、
風俗と言う場所は、客を喜ばせる場所です。
楽しい場や酒を提供する居酒屋や、家で焼けばおいしい魚を提供する魚屋よりも、
もっと単刀直入に楽しさを提供する場です。

ただMの人たちは、喜ぶポイントが他の大勢の皆さんとは
少し違うだけで、風俗に楽しむために来ています。

ですからM男たちを、苛めて喜ばせてやってください。


スポンサーサイト
[PR]

[2010/09/20 14:10] | 女王様養成 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<押尾学 | ホーム | 更新しやしたぜ!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://choimred.blog61.fc2.com/tb.php/117-864101e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。